岩岡万梨恵、フェラーリレースで初参戦初優勝…女性レーサー育成プロジェクト1期生

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
岩岡万梨恵(左)と井原慶子
岩岡万梨恵(左)と井原慶子 全 5 枚 拡大写真
7月22日、フェラーリのワンメイクレース「フェラーリ・コッパ・コンペティツィオーネ」が富士スピードウェイで開催され、マツダWomen in Motorsport(MWIM)プロジェクト1期生の岩岡万梨恵が初参戦、初優勝を達成した。

フェラーリ・コッパ・コンペティツィオーネは日本国内で開催されるフェラーリのワンメイクレース。今大会にはアジア各国を主戦場とする「フェラーリチャレンジ・アジア・パシフィック」シリーズで表彰台に上るドライバーも多数参戦し、10台で争われた。岩岡はレース当日に生まれて初めて「フェラーリ458チャレンジ」車両を運転。プロジェクトリーダーの井原慶子の指導のもと、フリー走行、予選で徐々にペースを上げ、予選3番手を獲得した。決勝レースではスタート直後の1コーナーでトップに躍り出ると、レース終盤まで続いた後続2台とのサイドバイサイドのバトルを制してフェラーリレースデビュー戦を優勝で飾った。

岩岡は2015年、マツダの女性レーサー育成プロジェクトMWIMの1期生に合格。美祢試験場などで訓練を経て昨年レースデビューし、「ロードスター・パーティーレース西日本シリーズ」でシリーズ2位を獲得。今季は、スーパー耐久レースに「LOVE DRIVE RACING」から参戦している。

岩岡はレース後、「初フェラーリは、今まで経験したことのないハイスピードで超緊張しましたが、今までロードスターで叩き込まれた基礎どおりに運転したら、思い通りにフェラーリが動いてくれて本当に楽しかったです。この1年間たくさん泣いてもがいてきましたが、やっと初優勝できて本当にうれしいです」と喜びを表した。

またプロジェクトリーダーの井原慶子は「私は2回だけ練習してフェラーリでレースデビューし3位でしたが、岩岡は、今日初めてフェラーリに乗って優勝。今後がとっても楽しみです。フェラーリ社がMWIMに賛同し、このような素晴らしい機会を得ましたが、今後は女子でスーパーカーブームですかね」とコメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリ・ポルトフィーノ M
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • F1トスカーナGP
  • フェラーリは今週末のトスカーナGPで「1000 GP」の節目を迎える。
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ