4つのメロディが1つの曲に…京阪快速特急の発車メロディが専用のものに

鉄道 企業動向
当初は土休日に運行されていた京阪電鉄の快速特急『洛楽』。今年2月からは毎日運行になったことから、発車メロディを専用のものにして、わかりやすくする。
当初は土休日に運行されていた京阪電鉄の快速特急『洛楽』。今年2月からは毎日運行になったことから、発車メロディを専用のものにして、わかりやすくする。 全 1 枚 拡大写真
京阪電気鉄道(京阪電鉄)は8月3日、快速特急『洛楽』の発車メロディをリニューアルした。

『洛楽』は、京橋駅~七条駅間ノンストップの臨時快速特急として、2012年3月から土休日に限り運行を開始したが、発車メロディはこれまで、特別メロディを使う京橋駅と出町柳駅の京都方面行きを除いて、特急と同じものを使用していた。

しかし、今年2月からは、毎日運行の定期列車になったことから、よりわかりやすく利用できるよう、専用の発車メロディを制作することになった。

制作は従来の発車メロディと同じく、フュージョンバンド「カシオペア」の元キーボーディストで、音楽家の向谷実氏が担当した。

京阪の発車メロディは、特急と特急以外の列車別、京都方面行きと大阪方面行き別の4パターンがあり、パターンごとにメロディをつなげると1つの曲になるという趣向になっている。

『洛楽』用の発車メロディもそれが引き継がれており、出町柳行きでは「KIRAYAKA」という曲が、淀屋橋行きでは「HANAYAMA」という曲が4つのメロディに分割され、停車駅順につなげると1つの曲になる。

新メロディは、すでに淀屋橋・天満橋・京橋の各駅に導入されており、8月5日からは三条駅と出町柳駅にも導入される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV