マツダのレストア工場、テュフのクラシックカーガレージ認証第一号に

自動車 ビジネス 企業動向
初代ロードスターのレストアサービス(オートモビルカウンシル2017)
初代ロードスターのレストアサービス(オートモビルカウンシル2017) 全 2 枚 拡大写真
テュフラインランドジャパンは8月4日、マツダのレストアサービス準備開始に伴い、日本でクラシックカーガレージ認証を開始すると発表した。

テュフラインランドのクラシックカーガレージ認証は、クラシックカーの修理や整備などを行う工場に対する認証。修理や整備の技術、品質、機器・設備に加え、工場の運営や管理、法令遵守、顧客対応など、11カテゴリー150項目以上の基準に基づき監査を実施する。

最初に認証の取得を予定しているマツダの工場は、マツダが開始するレストアサービスのレストア作業を行う工場。マツダのレストアサービスは、永く大切にマツダ車を乗り続けられる環境作りを目的とした、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。レストア事業は、マツダが車を預かり、オリジナルに近い状態に車をリフレッシュするもので、2018年初頭よりサービスを開始する予定。

テュフラインランドジャパンは、ドイツに本社をおくテュフラインランド・グループの日本法人だ。第三者検査機関として、ドイツをはじめ海外へ輸出される工業製品の安全試験・認証を提供している。日本国内向け製品についても、担当省庁の許可・指定により評価サービスを展開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オートザム・クレフ(1992年)
  • マツダ MX-30
  • マツダ キャロル
  • ブリヂストンTURANZA T005A
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV