JR東日本、海外の鉄道運行事業に初参画…英国ロンドン~リバプール間など

鉄道 企業動向
ウェストミッドランズ旅客鉄道の範囲に含まれるバーミンガム・ニューストリート駅。
ウェストミッドランズ旅客鉄道の範囲に含まれるバーミンガム・ニューストリート駅。 全 3 枚 拡大写真
JR東日本・三井物産・アベリオUK3社の共同事業体はこのほど、英国ウェストミッドランズ旅客鉄道事業の運営権を獲得した。12月からの事業開始に向け準備を進める。JR東日本が海外の鉄道運行事業に参画するのは、これが初めて。

英国の旅客鉄道事業は、民間企業が運営を担うフランチャイズ制を採用。地域ごとに分けられた各路線の運行事業者は、英国運輸省による入札によって決まる。ウェストミッドランズ旅客鉄道事業では2016年11月、3社の共同事業体が入札。このほど受注通知を受けた。

アベリオUKはオランダ鉄道が出資するアベリオグループの英国事業部門子会社。三井物産はイーストアングリア旅客鉄道運行事業に続き、英国内2路線目の旅客鉄道事業への参画になる。JR東日本はタイ・バンコク都市鉄道への鉄道車両供給やインド高速鉄道プロジェクトへの技術的支援などを行っているが、海外の鉄道運行事業に参画するのは、これが初めてになる。

この事業では、ロンドンへの通勤路線やロンドン~リバプール間の長距離路線、バーミンガムの都市圏輸送を担う。現在の運行事業者による事業規模は路線長が899kmで、年間の輸送人員が約7360万人。551両の車両を運用している。

JR東日本と三井物産は「新車両の導入による輸送力増強やロンドン・バーミンガム周辺の通勤混雑緩和、お客さまへの情報提供や輸送安定性の強化等のサービス品質向上などの実現に向け取り組みます」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ