JR東日本、海外の鉄道運行事業に初参画…英国ロンドン~リバプール間など

鉄道 企業動向
ウェストミッドランズ旅客鉄道の範囲に含まれるバーミンガム・ニューストリート駅。
ウェストミッドランズ旅客鉄道の範囲に含まれるバーミンガム・ニューストリート駅。 全 3 枚 拡大写真
JR東日本・三井物産・アベリオUK3社の共同事業体はこのほど、英国ウェストミッドランズ旅客鉄道事業の運営権を獲得した。12月からの事業開始に向け準備を進める。JR東日本が海外の鉄道運行事業に参画するのは、これが初めて。

英国の旅客鉄道事業は、民間企業が運営を担うフランチャイズ制を採用。地域ごとに分けられた各路線の運行事業者は、英国運輸省による入札によって決まる。ウェストミッドランズ旅客鉄道事業では2016年11月、3社の共同事業体が入札。このほど受注通知を受けた。

アベリオUKはオランダ鉄道が出資するアベリオグループの英国事業部門子会社。三井物産はイーストアングリア旅客鉄道運行事業に続き、英国内2路線目の旅客鉄道事業への参画になる。JR東日本はタイ・バンコク都市鉄道への鉄道車両供給やインド高速鉄道プロジェクトへの技術的支援などを行っているが、海外の鉄道運行事業に参画するのは、これが初めてになる。

この事業では、ロンドンへの通勤路線やロンドン~リバプール間の長距離路線、バーミンガムの都市圏輸送を担う。現在の運行事業者による事業規模は路線長が899kmで、年間の輸送人員が約7360万人。551両の車両を運用している。

JR東日本と三井物産は「新車両の導入による輸送力増強やロンドン・バーミンガム周辺の通勤混雑緩和、お客さまへの情報提供や輸送安定性の強化等のサービス品質向上などの実現に向け取り組みます」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV