バットモービル風、1180馬力のEVハイパーカー…英アリエルが開発計画

エコカー EV
英アリエル社のEVハイパーカー
英アリエル社のEVハイパーカー 全 5 枚 拡大写真
英国のスポーツカーメーカー、アリエル(Ariel)社は8月23日、EVハイパーカーの開発計画を明らかにした。

アリエル社は、サイモン・サンダース氏が創業したスポーツカーメーカー。同社が2000年に発売した超軽量スポーツカーが、『アトム』。このアトムは2003年から、ホンダの『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載していることでも知られる。

アリエル社は今回、EVハイパーカーの開発計画を公表。バットモービルを思わせるデザインが特徴のボディに、最大出力1180馬力、最大トルク184kgmという強力なモーターを搭載する。

なお、アリエル社は、このEVハイパーカーの画像を5点配信。アリエル社ならではの軽量そうなシャシーに、ガルウィングドアを備えた2シーターハイパーカーの姿が見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • XEAM N-GT
  • イオニティ(IONITY)の急速充電ステーション
  • ボルボカーズの電動車ラインナップ
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/08/25/298966.html/article/2017/08/25/298965.html/article/2017/08/25/298967.html