ルノー、低コストな急速充電ステーションを設置…EV電池を再利用

エコカー EV
ルノーのEV電池を再利用した急速充電ステーション
ルノーのEV電池を再利用した急速充電ステーション 全 1 枚 拡大写真
フランスの自動車大手、ルノーは8月29日、ドイツとベルギーの高速道路に、世界で初めてEVのバッテリーを再利用した急速充電ステーションを設置した、と発表した。

ルノーは、英国のコネクテッド・エナジー社と協力。コネクテッド・エナジー社の「E-STOR」と呼ばれる蓄電技術は、ルノーのEVバッテリー(二次電池)を再利用したもの。

E-STORシステムでは、バッテリーは低出力で充電され、蓄電されたエネルギーは高出力で放出される。これにより、電力網への高出力接続に非常にコストがかかる場所において、電動車両に充電サービスを提供することが可能になる。ルノーによると、コスト的に設置が簡単なE-STORは、欧州の急速充電ステーションネットワークの拡大に貢献できるという。

ルノーグループのEVバッテリーと充電インフラ担当、ニコラス・ショッテイ氏は、「ルノーはEVドライバーの日常生活をシンプルにする充電インフラの開発をサポートしている。 高速道路の急速充電ステーションでの二次電池の再利用は、充電ステーションの運営に経済的なソリューションを提供する」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・ルーテシア新型
  • フェルナンド・アロンソ(2019年ルマン24時間レース参戦時)
  • ルノーのEVのみによるカーシェアリングサービス「ZITY」
  • ルノー・キャプチャー 新型のPHV
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ