【フランクフルトモーターショー2017】MINI、EVとPHVを出展予定…電動車両を重視

モーターサイクル ショーカーライブラリー
MINI エレクトリックコンセプト
MINI エレクトリックコンセプト 全 5 枚 拡大写真
BMWグループのMINIは8月29日、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017の出展内容を発表した。

MINIのフランクフルトモーターショー2017のハイライトは、MINI『エレクトリックコンセプト』。同車は、2019年に市販予定のMINIブランドのEVを示唆したスタディモデルとなる。

このEVに先行して、一部市場で販売が開始されたMINI 『クーパー S E クロスオーバー ALL4』も、フランクフルトモーターショー2017に出展。電動化車両を重視する姿勢を示す。同車は、MINIブランド初の市販プラグインハイブリッド車(PHV)。EVモードの航続は42km。この効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットルの低燃費を実現する。

この他、新型MINI『クロスオーバー』と新型MINI『クラブマン』も出展。MINI『ハッチバック』の3ドアと5ドア、MINI『コンバーチブル』と、フルラインナップが顔をそろえる。

さらにMINIは豊富なオプション、アクセサリーやライフスタイルの最新モデルをラインナップ。ブランドの魅力を多角的にアピールしていく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/01/299237.html/article/2017/09/01/299236.html/article/2017/09/01/299238.html