パイオニア、MEMSミラーを用いた走行空間センサーを開発…自動運転車両搭載へ

自動車 テクノロジー 安全
3D-LiDAR サンプルイメージ(スキャニング部)
3D-LiDAR サンプルイメージ(スキャニング部) 全 2 枚 拡大写真
パイオニアは、MEMS(微小電気機械システム)ミラーを用いた独自の走行空間センサー「3D-LiDAR(ライダー)」のサンプル供給を、国内外自動車メーカーやICT関連企業などに向け、9月下旬より開始すると発表した。

3D-LiDARは、数十メートル先の物体の距離、幅を詳細に検出できるほか、検出した形状から物体認識まで可能な走行空間センサー。高いレベルの自動運転を実現するために不可欠なキーデバイスと言われている。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型、低コストな3D-LiDARの開発を進めている。

今回、供給を開始するMEMS方式の3D-LiDARは、開口部の小さいMEMSミラーとレンズを組み合わせ、光学設計を最適化することで、車載用途での実用化を可能にする。同社は、この3D-LiDARのサンプルを、国内外の自動車メーカーやICT関連企業などに供給し、相互で実用化に向けたトータルシステムとしての動作検証を行う。検証結果を基に、各企業の使用用途に適した仕様や形状、サイズなどの検討を行うとともに、これまでLiDARでは難しいとされていた黒色の物体や遠方物体の計測能力を高める技術開発を推進。一般道でのレベル3またはそれ以上の自動運転車両への搭載や、次世代GISサービスなどへの活用を目指す。

なお同社は、10月27日に開幕する東京モーターショーに、3D-LiDARサンプルを出品する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ MX-30
  • パイオニア ドライブレコーダー向けmicroSDカード
  • 車載用Wi-Fiルーター DCT-WR100D
  • 2020年度版カーナビ用地図更新データ(イメージ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV