ジャガー・ランドローバー、全車を電動化へ…2020年以降

エコカー EV
ジャガー I-PACE
ジャガー I-PACE 全 7 枚 拡大写真
英国のジャガー・ランドローバーは9月7日、2020年以降に発売するすべての車種のパワートレインを、電動化すると発表した。

ジャガー・ランドローバーはすべての車種ラインナップを、EVをはじめ、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(マイルドハイブリッドを含む)に切り替える計画。全モデルの電動化の決定は、スウェーデンのボルボカーズに次ぐ大転換となる。

この計画に先駆けて、ジャガー・ランドローバーは2018年、『I-PACEコンセプト』の市販版を投入予定。同車は、スーパーカーのフォルムとスポーツカーのパフォーマンスを組み合わせたSUVデザインのEVとなる。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「新しいジャガー・ランドローバーのモデルラインはすべて、2020年から電動化され、顧客にさらに多くの選択肢を提供していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • アクアフィル社のリサイクル素材「ECONYL」
  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV