【フランクフルトモーターショー2017】VW最小のSUV、T-Roc にRライン…スポーティ仕様

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン T-Roc Rライン(フランクフルトモーターショー2017)
フォルクスワーゲン T-Roc Rライン(フランクフルトモーターショー2017) 全 7 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、『T-Roc』の「Rライン」を初公開した。

T-Rocは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップにおける第4のモデルで、『ティグアン』の下に位置するコンパクトSUV。小型SUVに対する需要は世界中で増していることから、フォルクスワーゲンも、このクラスにT-Rocで参入した。

フランクフルトモーターショー2017で初公開されたRラインは、T-Rocのスポーティ仕様。Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを施したモデル。最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『パサート』、『ゴルフヴァリアント』、『ティグアン』、『ザ・ビートル』、『ゴルフトゥーラン』などに、Rラインが用意される。

フォルクスワーゲン最小SUVのT-Rocでも、Rラインらしいカスタマイズを実施。エクステリアには、ディフューザー一体デザインのリアバンパーやダークテールライトなどを採用。足元は専用アルミホイールで引き締められた。また、インテリアには、ツートン仕上げのスポーツシート、ステンレス製ペダル、スポーツステアリングホイールなどが装備されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ID.3
  • フランクフルトモーターショー2019
  • ブラバス 800(フランクフルトモーターショー2019)
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」(フランクフルトモーターショー2019)
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シトロエン C4カクタス後継モデル プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ