【ホンダF1】マクラーレン・ホンダは今季限りでタッグ解消…2018年、ホンダの新パートナーチームはトロロッソに決定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
マクラーレン・ホンダは今季限りでタッグ解消に。
マクラーレン・ホンダは今季限りでタッグ解消に。 全 6 枚 拡大写真
15日、F1シンガポールGPのフリー走行1回目が終了したタイミングで、ホンダがパワーユニット供給先に関しての発表を2件、行なった。ひとつは、マクラーレン・ホンダとして参戦が今季限りになること、そしてもうひとつは来季からトロロッソに供給を開始することである。

最近の噂が、ついに正式なものとなった。2015年から続いてきたマクラーレンとホンダのタッグが今季限りで解消され、来季2018年、ホンダはトロロッソにパワーユニットを供給する(1チームのみのワークス供給とのこと)。

マクラーレン首脳のひとり、ザック・ブラウンは「ホンダがF1にコミットし、力を注いできたことに疑いの余地はありません。残念ながら、今回のプロジェクトでは、マクラーレン、ホンダともに当初望んでいたような結果を得ることはできませんでした。そこにはさまざまな理由がありますが、決してどちらか一方の努力が欠けていたわけではありません。ただ、今はそれぞれが別々の道を歩みだす時が来たのだと考えています」とコメントしている。

ホンダと離別するマクラーレンは来季からルノー製パワーユニットを搭載することになると見られている。

トロロッソは現在レッドブル系ジュニアチームであり、かつてはミナルディの名で親しまれていたイタリア籍チーム。今季はルノー製パワーユニットで走っている。トロロッソのチーム首脳、フランツ・トストは「ホンダと共にレースができることを、チーム全員がとても楽しみにしています。ホンダの創業者、本田宗一郎さんが二輪車で初めてレースの世界に入って以来、レースは常に彼らの企業文化の中心です。そのホンダと我々が一丸となってチャレンジすれば、大きな成果につながるのは間違いありません」とコメントしている。

ドライバー人事への言及は今回の2件の発表のなかにはないが、マクラーレンはストフェル・バンドーンの来季残留を発表済み。フェルナンド・アロンソの残留も濃厚と考えられる。マクラーレンの来季パワーユニット、そして両陣営のドライバー人事等も追って発表されていくものと見られるところだ。

なお、この両陣営とは無関係な動きだが、シンガポールGP前にはメルセデスが今季加入したバルテリ・ボッタスの来季残留を正式発表している。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2019年ブラジルGP、レッドブルRB15・ホンダのM.フェルスタッペン(手前)は優勝を飾る。
  • レッドブルRB16・ホンダ(今年2月のバルセロナ合同テスト)
  • ホンダの2020年F1マシーン
  • 2019年のF1日本GP(鈴鹿サーキット)。
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット

ピックアップ