リニア中央新幹線、電気設備も認可申請へ---JR東海、取締役会で決定

鉄道 企業動向
JR東海は中央新幹線の電気設備についても工事実施計画の認可を申請する。
JR東海は中央新幹線の電気設備についても工事実施計画の認可を申請する。 全 2 枚 拡大写真
JR東海は品川~名古屋間で工事中の中央新幹線について、同区間の電気設備などの工事実施計画認可を国土交通大臣に申請する。9月25日の取締役会で決まった。

中央新幹線は、東京都と大阪市を結ぶ新幹線鉄道の建設線。超電導磁気浮上式のリニアモーターカーが導入される。2014年10月に品川~名古屋間の工事実施計画が認可され、工事が始まった。同区間は2027年の開業が予定されている。

2014年に認可されたのはトンネルや橋りょうなどの土木構造物が中心だったが、今回の申請では列車の制御方式や通信設備などの電気設備を中心に追加する。また、2014年に認可された項目についても河川管理者などとの協議の結果を受け、一部の駅や線路の位置を変更する。

今回申請分の工事費は8377億円で、2014年認可分の工事費を加えた総額は4兆8536億円になる。このほか、今後申請予定の車両や駅設備などの現時点での見込額を加えた総工事費は5兆5235億円。2014年申請時にJR東海が示した総工事費と変わらない。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ