米日産 アルティマ 2018年型、コネクトと先進運転支援が充実…日本の ティアナ は?

自動車 ニューモデル 新型車
日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
日産 アルティマ(ティアナ)2018年型 全 6 枚 拡大写真
日産自動車の米国法人、北米日産は9月25日、『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)の2018年モデルを発表した。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマ。日本市場には、ティアナとして導入されている。

今回、米国で発表された2018年モデルでは、車載コネクティビティとADAS(先進運転支援システム)を充実させているのが特徴。

車載コネクティビティでは、日産コネクト付きのナビゲーションシステムが、アップル社の「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」に対応。日産コネクトは専用の通信ユニットや対応スマートフォンなどを使って情報センターに接続することで、ドライブをより快適にするための情報を提供する。

先進運転支援システムでは、自動ブレーキをはじめ、前面衝突警告、レーダーを使ったブラインドスポットウォーニング、インテリジェントクルーズコントロール、リアクロストラフィックアラートなどを導入している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左から、日産 ティアナ XE(L33)2016 警察本部刑事部機動捜査隊車両(2灯仕様 銀)、日産 ティアナ(L33)2018 埼玉県警察地域部自動車警ら隊車両(109)
  • 現行スカイライン
  • 新型アルティマを初公開
  • ミドルクラスセダン復権の兆し!? 注目4車種デザイン比較…インサイト、カムリほか
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/26/300260.html/article/2017/09/26/300259.html/article/2017/09/26/300261.html