ホンダ S660 に電動開閉キャンバストップを準備か---アクセスが特許申請

自動車 ニューモデル 新型車
S660現行
S660現行 全 3 枚 拡大写真
ホンダ系のアクセサリーパーツメーカー、ホンダアクセスが米国において、新たなルーフ形状に関する特許を申請していたことが分かった。公開されているイラストは、S660のデタッチャブルトップへの採用が想定されている。

これは、米国USPTO(特許商標庁)が公式サイトで明らかにしているもの。ホンダアクセスから申請を受けた「タルガトップルーフ構造」に関する特許の内容を公開している。

タルガトップは、オープンカーのひとつの形態で、頭上のルーフパネル部分のみを外せるようにしたもの。ホンダ車としては過去に、初代『NSX』や『CR-Zデルソル』に採用された例があり、現行の軽2シータースポーツ『S660』もそうだ。

今回、ホンダが米国で特許を申請したタルガトップルーフは、電動スライド&手動脱着方式というのが特徴。ボタン操作ひとつで、キャンバストップがオープンとクローズ状態が簡単に切り替えられる。また、サーキット走行などでは、フレームごと手動で取り外して車両重量を軽量化することが可能。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ自動車「踏み間違い加速抑制システムII」表示機
  • 鉄道輸送切替初回納品出発時
  • キャンドルホワイト点灯イメージ
  • ワンタッチスライドドア(フリード)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ