デジタル地図 HERE、中国企業など3社からの出資を白紙撤回

自動車 ビジネス 企業動向
HERE(ヒア)の公式サイト
HERE(ヒア)の公式サイト 全 1 枚 拡大写真
デジタル地図大手、ヒア(HERE)は9月26日、中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)を含む3社からの出資受け入れを、白紙撤回すると発表した。

ヒアは、デジタルナビゲーションマップと位置情報サービスのソフトウェア企業。2015年末、アウディ、BMWグループ、ダイムラーは共同で、ノキアの子会社からヒアを買収。3社の子会社になったヒアは現在、インテルやパイオニアもパートナーに迎え、高度な自動運転の実現に欠かせないデジタル地図の開発などを進めている。

ヒアは2016年12月、中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)、ナブインフォ、GICの3社から、出資を受け入れると発表。しかし今回、これを白紙撤回することを決めた。

ヒアは、「この決定は、規制当局による審査プロセスに従い、取引を進めるために必要な承認を得るための実用的な道がないと判断したため」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モービルアイ・ジャパンは12月3日、インテルに買収された後、日本で初となる事業説明会を開催した
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 自動運転車からの送信データ管理画面(左からタイヤ空気圧、ステアリング角度、速度、位置情報)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/27/300310.html/article/2017/09/27/300309.html/article/2017/09/27/300311.html