【ホンダ ステップワゴン 改良新型】スパーダにハイブリッド設定、エクステリアも刷新

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ ステップワゴン スパーダ
ホンダ ステップワゴン スパーダ 全 20 枚 拡大写真
ホンダは、機能的な空間や独創的な「わくわくゲート」などが特徴のミニバン『ステップワゴン』をマイナーチェンジし、9月29日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、スポーティバージョン「スパーダ」のエクステリアデザインを刷新。新採用のLEDヘッドライトによりシャープさを、専用デザインのフロントグリルにより存在感を表現し、スタイリッシュかつダイナミックなフロントマスクに仕上げた。さらに、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更することで、よりスポーティーなエクステリアデザインに進化した。

また、スパーダに2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」搭載仕様を設定。上質で力強い走行性能と、クラストップレベルとなる25.0km/リットル(JC08モード)という低燃費を両立させた。ハイブリッド仕様には専用チューニングサスペンションと、さらに上級グレードにはパフォーマンスダンパーを採用。乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせた。

安全運転支援システムについては、「ホンダ センシング」の機能をさらに充実させた。新採用の歩行者事故低減ステアリング機能を含む基本8機能を全タイプに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術の協調により、安心・快適な運転や事故回避を支援する。また、ハイブリッド仕様には渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を搭載。作動範囲を0km/hからとすることで、高速道路における渋滞時などの運転負荷軽減を図った。

価格は245万5920円から366万5000円。


ハイブリッドがスパーダだけの理由とは…

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】【ホンダ ステップワゴン 改良新型】スパーダにハイブリッド設定、エクステリアも刷新(20枚)
ホンダ ステップワゴンの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  3. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
  4. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  5. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  6. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  7. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  8. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  9. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  10. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
ランキングをもっと見る