VW、環境負荷を2025年までにほぼ半減へ…電動化戦略の一環

自動車 ビジネス 企業動向
VWセドリックとID BUZZ
VWセドリックとID BUZZ 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループは9月27日、環境負荷を2025年までに45%削減する新たな環境戦略を発表した。

この環境戦略は2010年と比較して、エネルギー、CO2、水、VOC(揮発性有機化合物)の排出量と廃棄物を、ほぼ半減させる野心的な目標。45%の削減目標は、前回の目標に対して2割の削減を上乗せする形となる。

この目標達成に重要な役割を果たすのが、電動化戦略。フォルクスワーゲングループは2030年までに、全ラインナップに、電動パワートレイン搭載車を設定。これに先駆け2025年までに、グループ全体で新たに80車種の電動パワートレイン車を投入していく。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「環境の持続可能性の解釈を広げている。排気ガスだけで、原材料からリサイクルまですべての面に及ぶ」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ティグアン TSI/TDI R-ライン ブラックスタイル ディナウディオパッケージ
  • VW ゴルフ トゥーラン TSI コンフォートライン リミテッド
  • フォルクスワーゲン Tクロス
  • フォルクスワーゲン・パサート改良新型
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ