銀座線と日比谷線の新型車が「Bトレ」に…東京メトロ、10月7日に先行販売

鉄道 企業動向
日比谷線13000系のBトレ。10月7日の先行販売を経て14日から発売される。
日比谷線13000系のBトレ。10月7日の先行販売を経て14日から発売される。 全 4 枚 拡大写真
東京地下鉄(東京メトロ)とメトロコマースは10月14日、銀座線と日比谷線に導入した新型車両の模型を「Bトレインショーティー(Bトレ)」として発売する。10月7日には先行販売も行われる。

Bトレはバンダイの鉄道模型車両シリーズ。縮尺は日本のNゲージと同じ150分の1だが、本来の長さより60mm程度短くしているのが特徴だ。各パーツは着色済みで、接着剤を使うことなく組み立てることができる。

東京メトロが今回するのは、銀座線に導入された1000系電車と、日比谷線に導入された13000系電車のBトレ。このうち1000系は車内外をレトロ調にデザインした特別仕様車をモチーフにした。いずれも先頭車と中間車の2両セットで、発売額は各2300円になる。

10月14日から東京メトロの定期券発売所などで販売されるが、10月7日に日比谷公園(東京都千代田区)で開催される鉄道イベント「第24回鉄道フェスティバル」などでも先行販売が行われる予定だ。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅

ピックアップ