エヌビディア、新プラットフォーム発表…「レベル5」の完全自動運転が可能

自動車 ビジネス 企業動向
エヌビディアの完全自動運転向け新プラットホーム、「DRIVE PXペガサス」
エヌビディアの完全自動運転向け新プラットホーム、「DRIVE PXペガサス」 全 1 枚 拡大写真
米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)は10月10日、「レベル5」の完全自動運転を可能にする新プラットフォームを発表した。

この新プラットフォームは、「DRIVE PXペガサス」と命名。従来の「DRIVE PX 2」の10倍以上のパフォーマンスを備えており、1秒間に320兆回以上の動作を可能にする。

DRIVE PXペガサスは、ステアリングホイールやペダル、ミラーが装備されず、リビングルームやオフィスにいるような感覚が特徴の完全自動運転車のための新プラットフォーム。高齢者や障害者を含むすべての人に、移動の自由をもたらす。

このシステムでは、高解像度の360度のサラウンドカメラとLiDAR(ライダー)を使用して、車両の周囲を認識。車両を正確に動かし、車両や車の周りの人々を追跡。目的地まで安全で快適なルートを計算する。

なお、DRIVE PXペガサスは2018年後半、エヌビディアの自動車パートナーに対して、供給を開始する予定。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • メルセデスベンツとエヌビディアの次世代自動運転技術の共同開発イメージ
  • BMWグループとエヌビディアが協力して開発した物流ロボット
  • カルマオートモーティブのレヴェーロ GT(参考画像)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ