レンジローバー、歴代初のPHV設定…燃費は35.7km/リットル

エコカー EV
レンジローバーのPHV、P400e
レンジローバーのPHV、P400e 全 7 枚 拡大写真
ランドローバーは10月10日、『レンジローバー』に歴代モデルで初めて、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

ランドローバーブランドの市販PHVは、『レンジローバー スポーツ』に続くもの。ランドローバーは2020年以降、全車種のパワートレインを電動化する計画を掲げており、今回レンジローバーに設定されたPHVは、この計画の一環となる。

レンジローバーのPHVパワートレイン搭載車は、「P400e」グレード。エンジンは2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「インジニウム」で、最大出力300ps。これに最大出力116psのモーターを組み合わせて、システム全体で404psのパワーと65.3kgmのトルクを獲得する。

駆動方式は4WD。動力性能は0~96km/h加速が6.4秒、最高速が220km/h。二次電池は蓄電容量13.1kWhのリチウムイオンバッテリー。充電は急速チャージャーを利用すれば、2時間45分で完了する。EVモードでは、最大50kmのゼロエミッション走行が可能。この効果もあって、欧州複合モード燃費35.7km/リットル、CO2排出量64g/kmの環境性能を達成している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラック
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー の50周年記念車「レンジローバー・フィフティ」と初代ランドローバー・レンジローバー
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}