熱可塑性CFRP製自動車用シャシーの製作に世界で初めて成功 NEDO

自動車 ビジネス 企業動向
製作に成功したオール熱可塑性CFRPシャシー
製作に成功したオール熱可塑性CFRPシャシー 全 1 枚 拡大写真
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と新構造材料技術研究組合(ISMA)の組合員である名古屋大学ナショナルコンポジットセンター(NCC)は、熱可塑性CFRP(炭素繊維強化プラスチック)のみによる自動車用シャシーの製作に世界で初めて成功した。

今回の技術開発では、連続的に炭素繊維を供給して熱可塑性樹脂ペレットと混練し、比較的長い炭素繊維長を保って混練機から押し出される素材を高圧プレスに供給、短時間に構造部材を成形する繊維強化プラスチックの製造方法である「LFT-D工法」を使った。オートクレーブ法では必要となる中間工程が今回の方法では不要となるため、熱可塑性樹脂と炭素繊維の供給から最終製品までの一貫自動生産システム構築が可能となり、短時間成形を実現した。

また、熱可塑性CFRPの融着可能な利点を生かしてシャシー部材を接合することで、オール熱可塑性CFRP製シャシーの製作に成功した。今回、ロボットを活用した超音波融着システムを構築したことで、複雑な実構造体の高速接合が可能となる。

NCCは今後、LFT-D工法で製作される部材の力学的特性向上に注力するとともに、成形時の反りを抑制した高精度成形技術の確立を目指す。超音波融着技術では、鉄鋼材料の接合で用いられるスポット溶接と等価レベルの高速接合技術を開発する。

NEDOは、今回の成果と合わせて他の構造材料の開発を推進するとともに、これら異種材料を統合するマルチマテリアル化技術に取り組み、自動車の抜本的軽量化を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)
  • 参考画像:トヨタのFCV、MIRAIコンセプト(MIRAI次期型か)
  • 複数の太陽電池セルにより構成された太陽電池パネル(左からルーフ、フード、バックドア)
  • 実証実験で使用するインフラ機器
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ