インテル、新型プロセッサを2017年内に発売予定…一般道での自動運転実現へ

自動車 ビジネス 企業動向
インテルの新型プロセッサ
インテルの新型プロセッサ 全 1 枚 拡大写真
インテルは10月17日、2017年内にニューラル・ネットワーク・プロセッシングのための業界初のシリコン、インテル「Nervanaニューラル・ネットワーク・プロセッサ」(NNP)の出荷を開始すると発表した。

インテルの「Nervana NNP」は、さまざまな業界にわたって、AI(人工知能)コンピューティングに大きな変革をもたらすために開発。インテルのNervanaテクノロジーを活用することで、企業はまったく新しいタイプのAIアプリケーションを開発できる。

これらのアプリケーションが、データ処理量を最大化。そして、顧客はビジネスを変革するために、より優れた洞察力を得ることにつながる。

インテルのNervana NNPを自動車に搭載すれば、学習機能がさらに高速化される。インテルによると、一般道での自動運転車の走行の実現に向けた、大きな一歩になるという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FUTURE DRONE ENTERTAINMENT Intel(R) Drone Light Show “CONTACT”
  • インテル本社とウェイモの自動運転テスト車両
  • インテル傘下のモービルアイの新たな位置情報サービスのイメージ
  • インテルのCES2018ブース(参考画像)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911タルガ 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ボルボ S90 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/10/19/301296.html/article/2017/10/19/301295.html/article/2017/10/19/301297.html