腰補助用装着型身体アシストロボットのJISを制定

自動車 ニューモデル モビリティ
腰補助用装着型身体アシストロボットの例
腰補助用装着型身体アシストロボットの例 全 1 枚 拡大写真
経済産業省は、日本工業規格(JIS)を改正し、腰補助用装着型身体アシストロボットなどを制定した。

今回、26件を制定し、21件を改正した。日本は高齢化社会を迎えて、生活支援分野でのロボットの活用が期待されている。この需要の高まりを受け、重労働の負担軽減を目的とする腰補助用装着型身体アシストロボットについて、「新市場創造型標準化制度」を活用して「JIS B 8456-1」を制定した。

また、一般照明用電球形LEDランプについて国際規格の動向を踏まえて、安全性向上を図るため、ランプ本体と口金部分との取り付けの強度やランプ使用条件に対する安全と注意喚起に関する要求事項などを追加する改正を行った。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • デジタルトランスフォーメーション銘柄のシンボルロゴマーク
  • スマートモビリティチャレンジ推進協議会の概要
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ