フィアット・クライスラー、SUV好調で50%増益 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ 全 3 枚 拡大写真
欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は10月24日、2017年第3四半期(7~9月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は、264億1400万ユーロ(約3兆5390億円)。前年同期の268億3600万ユーロに対して、1.6%減少している。

一方、第3四半期の純利益は、9億1000万ユーロ(約1220億円)。前年同期の6億0600万ユーロに対して、50%の大幅な増益となった。

大幅な増益を達成した要因は、各ブランドに投入した新型SUVの販売好調による部分が大きい。たとえば、アルファロメオ『ステルヴィオ』、マセラティ『レヴァンテ』など、利幅の大きいSUVの好調が、大幅な増益に貢献した。

FCAの2016年通期(1~12月)決算は、売上高が前年比0.4%増の1110億1800万ユーロ。2016年通期の調整後の純利益は25億1600万ユーロで、前年のおよそ1.5倍と大幅に伸びている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAの電動車向け急速充電ステーション「モビリティストア」
  • FCAのPHVが都市部の電動車専用エリアで自動でEVモードに切り替えるテスト
  • FCAのイタリア・トリノ・ミラフィオリ工場でのV2Gプロジェクト完成予想イメージ。最大700台のEVを相互接続する
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ