【SEMA 2017】ホンダ シビックタイプR 新型に耐久レーサー…25時間レース参戦へ

自動車 ニューモデル モーターショー
シビック・タイプR THR-Wロードレーシング・エンデュランス(SEMAショー2017)
シビック・タイプR THR-Wロードレーシング・エンデュランス(SEMAショー2017) 全 5 枚 拡大写真
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、新型「シビック・タイプR THR-Wロードレーシング・エンデュランス」を初公開した。

同車は、新型『シビック・タイプR』をベースに、耐久レースに参戦するために開発されたレーシングカー。「THR-W」とは、「チーム・ホンダ・リサーチ・ウエスト」を意味する。

チーム・ホンダ・リサーチ・ウエストは1996年に設立。ホンダの従業員が主体となり、草の根的なモータースポーツ活動を行っている。その目的は、従業員の技術やノウハウの向上にある。

シビック・タイプR THR-Wロードレーシング・エンデュランスは、新型シビック タイプRをベースに、ロールケージの追加や軽量化など、レースに必要な最低限の改造を実施。12月に米国で開催される「25時間サンダーヒル耐久レース」に参戦する予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV