【EICMA 2017】スズキ SV650X 新型を出展…2018年より欧州などで販売開始

自動車 ニューモデル モーターショー
スズキSV650X
スズキSV650X 全 2 枚 拡大写真
スズキは、11月7日から(一般公開は9日から)12日までイタリアで開催されている二輪車ショー「EICMA2017(ミラノショー)」に新型『SV650X』を出品した。

新型SV650Xは、東京モーターショーで発表した参考出品車「SV650X」の市販予定モデルだ。645cc Vツインエンジン搭載のロードスポーツバイク「SV650」をベースに、ヘッドライトカウルやセパハンなどのカフェレーサースタイルのスポーツカスタムを採用。ヘッドライトカウルは左右にアクセントとしてスリットを入れ、燃料タンクには「SUZUKI」のロゴをデザインしている。

また、セパハンを装備することでスポーティーなライディングポジションを実現したほか、シート座面を立体感のある仕上がりにしたタックロールシートには、前傾姿勢でも疲れにくいソフトなクッションを採用。さらに、ヘッドライトの下にはオプションでフォグランプを装着することもできる。

新型SV650Xは、2018年初頭より欧州を中心に販売を開始する計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWモトラッドのEICMA 2019ブース
  • KTM 1290スーパーデューク
  • ZFの三輪マキシスクーター向け電気機械式チルトロック
  • Nuuk社の電動バイク、Tracker
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ