ハイブリッドシステムが停止するおそれ…トヨタ プリウスPHV 2万台が対象【リコール】

自動車 テクノロジー 安全
トヨタ プリウスPHV(2012年)
トヨタ プリウスPHV(2012年) 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は11月15日、『プリウスPHV』のEVヒューズに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2011年11月18日~2015年1月8日に製造された2万0442台。

駆動用バッテリのハイブリッドシステム保護用ヒューズ(EVヒューズ)の容量が不適切なため、高負荷運転を繰り返すとヒューズが疲労断線することがある。そのため、警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、EVヒューズを対策品と交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アンビバレントRDプリウスPHVコンセプト
  • トヨタ・プリウス
  • アンビバレント
  • アンビバレント RD プリウスPHV コンセプト(イメージ)
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ