世界の新車市場、ライドシェア普及で2040年に縮小へ…IHS予測

自動車 ビジネス 海外マーケット
ウーバー(Uber)のライドシェア(参考画像)
ウーバー(Uber)のライドシェア(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
欧米に本拠を置く大手調査会社、IHSマークイットは11月14日、「2040年の自動車市場予測調査」を公表した。

この調査は、今から20年以上先の2040年の世界の自動車市場を、IHSマークイットが持つ様々な情報ネットワークから予測したもの。世界の新車市場が、2040年には縮小するとの見方を示していることが、注目できる。

新車市場の縮小は、自動車を購入することから、モビリティサービスへのシフトが進むことが大きな要因。2040年までに、中国や欧州、インド、米国などでは、ライドシェアなどのモビリティサービスが普及し、新車、とくに小型車の販売が減速すると予想する。

IHSマークイットのトム・デ・ヴィレシュワウアー氏は、「ライドシェアは、消費者にとって便利なことが多く、とくに自動車所有率の低い市場で、自動車輸送へのアクセスを大幅に増やすことができるため、大きく伸びる可能性がある」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ノーマルタイプ:シェアサイクル
  • バンシェア
  • トヨタ・ヤリス
  • NTTル・パルク「ノッテッテ」
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ