トヨタ環境活動助成プログラム、2017年度の助成対象28件を決定

自動車 ビジネス 企業動向
イメージ
イメージ 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、持続可能な発展のための環境改善や保全に向けた活動を助成する「トヨタ環境活動助成プログラム」の2017年度助成対象として28件のプロジェクトを決定した。

これにより、2000年のプログラム開始以来18年間の累計は360件、世界の53の国・地域での実施となる。

同プログラムは、トヨタが1999年に国連環境計画から「グローバル500賞」を受賞したことを記念し開始したもので、2015年に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」の「チャレンジ6 人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ」の一環でもある。

助成対象テーマは「生物多様性」と「気候変動」として公募し、海外プロジェクト支援枠、国内プロジェクト支援枠、国内小規模プロジェクト支援枠の3つの助成枠に合計104件の申請があった。

選考にあたっては、継続・発展性、地域特性との調和性等を勘案し、1次選考、本選考を経て決定。海外プロジェクト支援枠は「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト」など10件、国内プロジェクト支援枠は「沖縄ケラマ諸島チービシエリアのサンゴ礁再生環境づくりプロジェクト」など10件、国内小規模プロジェクト支援枠は「能登半島における絶滅危惧植物I類 ウミミドリの生息域外・保全プロジェクト」など8件が助成対象となった。

トヨタでは、12月に今年度の採択プロジェクト代表者出席のもと、東京で助成決定証授与式を開催。また、来春には成果報告会も開催する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ スープラ RZ 改良新型
  • 初代トヨタ・セリカカムリ(1980年)
  • 高齢ドライバードットコム
  • トヨタ GRヤリス RZ(プロトタイプ)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ