BMWグループ、新バッテリーセル技術センター開設へ

エコカー EV
BMWグループの新たなバッテリーセル技術センターの起工式
BMWグループの新たなバッテリーセル技術センターの起工式 全 1 枚 拡大写真
BMWグループは11月24日、2億ユーロ(約266億円)を投資し、新たなバッテリーセル技術センターを開設すると発表した。

このバッテリーセル技術センターは、ドイツ・ミュンヘンに建設。バッテリーセル技術を進化させ、生産プロセスに導入するのが狙い。同社は今後4年間で、総額2億ユーロを投資する予定で、200人の雇用が創出される見通し。バッテリーセル技術センターは、2019年初頭に開業することを目指す。

BMWグループは長年にわたって、バッテリーセルの研究を進めており、とくにBMW「i」ブランドの開発を通じて、高い評価を得ている。同社は、新しいバッテリーセル技術センターに、さまざまな専門部署のノウハウを集中。研究の成果を、最新のバッテリー生産に直接反映させる予定。

BMWグループの研究開発担当、クラウス・フレーリッヒ取締役は「新しいバッテリーセル技術センターに、グループの専門知識を集約していく」と述べている。

《森脇稔》

ピックアップ