極東開発、新型4トン車級ごみ収集車を発売…デザインを一新

自動車 ビジネス 国内マーケット
プレス式ごみ収集車「プレスパック」
プレス式ごみ収集車「プレスパック」 全 2 枚 拡大写真
極東開発工業は、4トン車級ごみ収集車、プレス式「プレスパック」および回転板式「パックマン チルト」をモデルチェンジし、11月30日より発売する。

新型車は、従来のごみ収集車のイメージを一新し、美しく力強い洗練されたフォルムを採用。曲面を多用し、街中に優しく溶け込むデザインとした。テールランプには専用設計のLEDリヤコンビネーションランプを採用。スタイリッシュなデザインにさらなる一体感を与えるほか、車両後方および側方からの視認性が向上し安全な収集作業に貢献する。

機能面では、クラス最大級となる1700mmの投入口幅を確保し、効率的なごみの投入を実現した。また、プレスパックではプレスプレートの形状を見直したことによりごみの圧縮率を向上。パックマン チルトではホッパの形状およびプッシュプレートのリンクポイントを見直したことにより、ごみの押込み能力の向上と逆流防止を両立させた。

価格はプレスパックが540万円(ボデー容積8.2立方米 GB82-240の場合)、パックマン チルトが516万円(同8.3立方米 GB83-840の場合)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV