デンソーとNEC、車載用情報通信機器開発の合弁会社設立

自動車 テクノロジー ネット
デンソー(参考画像)
デンソー(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
デンソーとNECプラットフォームズは、車載用情報通信機器を開発する合弁会社「株式会社デンソーネクスト」を11月に設立し、12月1日より事業を開始すると発表した。

昨今、コックピットの進化やコネクティッド技術の進展に伴い、車載製品同士の連携が複雑化、より効率的な開発が必要となっている。デンソーとNECは2016年12月に、AIやIoTを活用した高度運転支援・自動運転やモノづくりの分野で協業を開始。今回のデンソーネクスト設立により、デンソーが自動車市場で培った高度な技術力とモノづくり力と、NECグループがICT事業で培った先進技術と豊富な実績を生かし、高度な車載機器の迅速な開発を推進する。

新会社デンソーネクストでは、自動車部品の開発に精通したデンソーの技術者と、IT・ネットワーク技術に精通し自動車部品の開発経験もあるNECプラットフォームズの技術者がNECの玉川事業場(神奈川県川崎市)にて製品開発を行う。デンソーは新会社を通じて、既存情報通信機器の開発効率化だけでなく、コックピットの進化に伴う新製品開発も実施。一方、NECおよびNECプラットフォームズは、無線通信やソフトウェア開発などで培ってきたICTや既存の車載機器開発のノウハウを高信頼・長期保証が求められる車載向け機器に適用し、さらなる高度化を進めていく。

新会社の資本金は1500万円で、出資比率はデンソー51%、NECプラットフォームズ49%。従業員数は約50名(2018年度上期)で、デンソーの加藤香平氏が社長に就任する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・レガシィ/アウトバック(米国仕様)新型
  • デンソー プロファーム(参考画像)
  • ティアフォーの完全自動運転EV「Milee」(参考画像)
  • スマートシティ官民連携プラットフォームの概要
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/11/30/303125.html/article/2017/11/30/303124.html/article/2017/11/30/303126.html