アウディQ2にも「S」登場か、縦型グリルの新顔を目撃 | レスポンス(Response.jp)

アウディQ2にも「S」登場か、縦型グリルの新顔を目撃

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ SQ2 スクープ写真
アウディ SQ2 スクープ写真 全 12 枚 拡大写真
アウディのエントリーSUV『Q2』のハイパフォーマンスモデルとなる『SQ2』(仮称)の最終プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

捉えた開発車両には、カモフラージュされた大径エアインテークや、クワッドエキゾーストパイプが見られるが、注目はシングルフレームグリルだ。メルセデスAMGの「パナメリカーナグリル」風ともいえる縦スラットが装着されており、これは旗艦クロスオーバーSUV『Q8』でも見られる新スタイルだ。レポートによれば、今後のアウディのクロスオーバー・パフォーマンスモデルには、このグリルが装着される可能性があるという。

パワートレインは、『S3』から流用される2リットル直列4気筒ターボを搭載し、最高出力は292ps、最大トルク380Nmのパフォーマンスを発揮する。また頂点には、最高出力400ps、最大トルク480Nmを叩き出す『RS Q2』の追加も噂されている。

「SQ2」のワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーになるだろう。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

《子俣有司@Spyder7》

この記事の写真

/

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

ピックアップ

編集部ピックアップ