マツダ CX-8、3か月で7362台を予約受注…月販目標の6倍

自動車 ニューモデル 新型車
マツダCX-8
マツダCX-8 全 2 枚 拡大写真
マツダは、12月14日に発売する国内向けフラッグシップSUV『CX-8』の予約受注台数について、9月14日の予約開始から約3か月間で、月販目標の約6倍となる7362台となったことを発表した。

グレード別の予約受注構成比は、専用大型コンソールボックスや本杢パネル、ナッパレザーシートなどを備えた「Lパッケージ」が43%、安全装備を充実させた「プロアクティブ」が51%。ボディカラー別では、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、魂動デザインの造形を質感高く際立たせた「ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%となっている。

年齢層では30歳代から40歳代が中心で、「デザインがよく家族も乗れる、こんなクルマを待っていた」「インテリア空間が上質で、後席の座り心地も良い」「シートを倒せば長い物が積め、趣味も楽しめるSUVで嬉しい」などの声が寄せられている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ、新型コロナウイルス感染症患者の搬送車両を開発
  • マツダ2 スマートエディション
  • マツダ・サバンナ
  • マツダ100周年特別記念車(写真は海外仕様車)
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ