トライアンフ、スピードトリプルをリコール…配線ショートで走行不能のおそれ

モーターサイクル テクノロジー
トライアンフ・スピードトリプル
トライアンフ・スピードトリプル 全 2 枚 拡大写真
トライアンフモーターサイクルズジャパンは12月15日、『スピードトリプルS』などのレギュレーター配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スピードトリプルS、「スピードトリプルR」の2車種で、2016年1月5日~2017年5月22日に輸入された103台。

レギュレーター配線の設計が不適切なため、その配線がレギュレーターブラケットと接触しているものがある。そのため、走行振動等により被覆が損傷し、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、電源が断たれ、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、新品のレギュレーターの配線に交換するとともに、配線の取り回しを変更する。

不具合および事故は起きていない。メーカーからの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダラーラ DW12
  • メンバー1800名のfacebookコミュニティ「バイク女子部」、知ってますか?
  • 趣味のひとつとして、ビンテージオフのレースにも参戦している藤村さん。最近はボクシングも始め、その魅力を伝えたいと女性ボクサーをテーマにしたウェブサイト「GIRL'S FIST」を展開している。興味のあることにはとことんのめり込む。
  • 人気画家フランセス・スィーヒ氏のライブペインティング
  • BMW F850GSアドベンチャー
  • バイクやクルマをエレガントに楽しむ、大人のための「モーターファション」を提案するモトーリモーダ(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
  • GG Retorofitz社が販売するキットを装着したヤマハ YZF-R25
  • イメージ (AC)

ピックアップ