テスラの急速充電スーパーチャージャーに利用制限…タクシーやライドシェアが対象

エコカー EV
テスラの急速充電ネットワーク「スーパーチャージャー」
テスラの急速充電ネットワーク「スーパーチャージャー」 全 1 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラは独自の急速充電ネットワーク、「スーパーチャージャー」の利用に、全世界で一部制限を設けると発表した。

テスラは、顧客のEVによる長距離走行を支援する目的で、スーパーチャージャーを世界規模で整備している。従来は、テスラ車のすべてのユーザーが、このスーパーチャージャーを利用できた。

しかし、テスラは今回から、スーパーチャージャーの利用に一部制限を設けることに。主に商業目的の車両、具体的には、タクシー、ライドシェアリング(UberやLyftなど)、商業目的とした商品輸送、政府関連、商業的企業による利用を遠慮してもらうことを決めた。

テスラの方針に従わないユーザーに対しては、注意勧告や利用制限などの措置を取る場合もあるという。

2017年12月15日以降、世界中のスーパーチャージャーとテスラの全車両に適用された。テスラは、「本来の用途でご利用いただく顧客のため」と、その理由を説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ モデル3 ロングレンジデュアルモーター(日本未投入グレード)
  • パナソニックの梅田博和CFO
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデルY
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/12/22/304082.html/article/2017/12/22/304081.html/article/2017/12/22/304083.html