フィスカーの自動運転EVスポーツ、スーパーカードアを採用…CES 2018で公開予定

エコカー EV
フィスカー EMotion
フィスカー EMotion 全 2 枚 拡大写真
ヘンリック・フィスカー氏は1月5日、新型EVスポーツカー、フィスカー『EMotion』の最新画像を公開した。実車は1月9日、米国ラスベガスで開幕するCES 2018でワールドプレミアされる。

EMotionは、高性能な4ドアEVスポーツカー。最高速260km/hの性能と、1回の充電で最大およそ650kmを走行できる実用性を併せ持つ。米国でのベース価格は、12万9000ドル(約1460万円)。

また、EMotionでは、高度な自動運転を追求。車両周囲の物体の位置を正確に把握するため、レーザー方式によるレーダー、「LIDAR」(ライダー)を5個搭載し、高度な自動運転を可能にする。

ヘンリック・フィスカー氏は今回、EMotionの最新画像を公開。サイドドアが前後とも上方に向けて開くのが特徴で、スーパーカーのようなデザインが見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • フィスカーの電動SUVのイメージスケッチ
  • フィスカーの新型EVのティザーイメージ
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/06/304406.html/article/2018/01/06/304405.html/article/2018/01/06/304407.html