マツダの初代 ロードスター レストア工場、世界初のクラシックカーガレージ認証 | レスポンス(Response.jp)

マツダの初代 ロードスター レストア工場、世界初のクラシックカーガレージ認証

自動車 ビジネス 企業動向

初代ロードスターのレストアサービス(参考画像)
初代ロードスターのレストアサービス(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
テュフラインランドジャパンは、マツダの初代『ロードスター』のレストアサービスとそれを行う工場に対し第三者認証機関として世界初のクラシックカーガレージ認証を発行した。

マツダの初代ロードスターのレストアサービスは、初代ロードスターのオーナーからマツダが預かり、マツダ本社内の工場でオリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもの。クラシックカーガレージ認証は、同サービス・工場が、同認証に定める基準をクリアし、確かなプロセスと環境で、高い品質レベルのレストア作業が実施できることを証明するもの。

テュフラインランドの本社があるドイツでは、クラシックカーを工業的な遺産として、大切に扱う文化がある。テュフラインランドは、その考えを取り入れて幅広くクラシックカーガレージ認証の普及を進める。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

この記事の写真

/

編集部ピックアップ