ホンダ、フリード など11万台を追加リコール…タカタ製エアバッグ

自動車 テクノロジー 安全
タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
ホンダは1月18日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、『フリード』『フリード スパイク』『フィット』『フィット シャトル』『インサイト』『インサイト エクスクルーシブ』『エリシオン プレステージ』『アコード』『アコード ツアラー』『フィットEV』『FCXクラリティ』の11車種で、2013年1月7日から12月27日に製造された11万3362台。

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)ガス発生剤が、環境温度や湿度変化の繰り返しにより劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレ-タ内圧が異常上昇して、インフレータ容器が破損するおそれがある。

改善措置として、全車両、助手席側エアバッグのインフレータを対策品と交換する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・フリード(2014年)
  • フィット(2010年)
  • ホンダ フィット(2008年)
  • 日産 リーフ
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV