フォード、2022年までに全世界の電動車を40車種に拡大へ…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
フォードモーターのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018)
フォードモーターのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018) 全 4 枚 拡大写真
フォードモーターは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、2022年までの電動化への投資額を、110億ドル(約1兆2180億円)以上に増額すると発表した。

今回の投資によって、フォードモーターは電動車両のラインナップを拡大する計画。2022年までに、全世界の電動車ラインナップを40車種に拡大していく。そのうちの16車種は、EVとなる予定。

この16車種のEVのひとつが、パフォーマンス志向の電動SUV。フォードモーターによると、1回の充電での航続は、480km以上になるという。

また、主力市場のひとつの中国に関しては、フォードモーターは2025年までに、中国で販売する新車の70%を、電動パワートレーン搭載車にする目標を掲げている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ