ジャガー初の市販EV、I-PACE 公開へ…ジュネーブモーターショー2018

エコカー EV
ジャガー I-PACE の開発プロトタイプ
ジャガー I-PACE の開発プロトタイプ 全 3 枚 拡大写真
ジャガーカーズは1月31日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、ジャガー初の市販EV、『I-PACE』をワールドプレミアすると発表した。

I-PACEは、クロスオーバーデザインのEV。パワートレーンは、モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。合計で400psのパワーと、71.4kgmのトルクを引き出す。71.4kgmもの強力なトルクは、スポーツカーの『Fタイプ』の最強グレード、「SVR」と同数値。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0~96km/hをおよそ4秒で駆け抜ける。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWhと大容量。1回の充電で、航続は最大500km以上。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ45分で充電できる。

このI-PACEのワールドプレミアの舞台が、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018に決定。今回、ジャガーは、気温マイナス40度のスウェーデンで耐寒テストを行うI-PACEのプロトタイプ車の画像を公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ジャガー I-PACE eトロフィー
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ジャガー XFスポーツブレイク
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ