テスラの大型ロケット、打ち上げ成功…EVスポーツカーが宇宙空間へ

エコカー EV
宇宙空間に解き放たれたテスラ・ロードスター
宇宙空間に解き放たれたテスラ・ロードスター 全 2 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」は2月6日、新開発の大型ロケット『ファルコン・ヘビー』の打ち上げに成功した。

ファルコン・ヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行を前提とした新型ロケット。全長は、およそ70mと大きく、最大積載量もおよそ64tと大容量。

また、ファルコン・ヘビーでは、打ち上げに使われたブースターが、地上に垂直に着陸する設計。これにより、ブースターの再利用が可能となり、製造コストが抑えられる。

米国フロリダ州のケネディ宇宙センターから2月6日、ファルコン・ヘビーの打ち上げが成功。ファルコン・ヘビーには、マスクCEO自身が所有するEVスポーツカー、初代テスラ『ロードスター』を搭載。このロードスターは、通常荷重として積まれるコンクリートや鉄の塊の代わりになるもの。

もうひとつの目的が、このロードスターを太陽周回軌道に載せること。宇宙服を着た人形を乗せたロードスターは、すでに宇宙空間に解き放たれ、太陽周回軌道を目指しているという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラが自社設計した自動運転向け車載コンピューター
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラのEVの輸送を開始した同社初の電動トラックのセミ
  • アウディ RS Q3 スクープ写真
  • GR HV Sportコンセプト 市販型予想CG
  • メルセデス AMG GT ブラックシリーズ 市販型(スクープ写真)
  • BMW X5M 新型スクープ写真

ピックアップ