メルセデスベンツ Aクラス 新型、コネクトにエヌビディアのAIと3D技術搭載

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ Aクラス 新型
メルセデスベンツ Aクラス 新型 全 3 枚 拡大写真
エヌビディア(NVIDIA)は、新型メルセデスベンツ『Aクラス』のコネクトシステムに、エヌビディアのAI(人工知能)と3Dグラフィックスが搭載された、と発表した。

新型Aクラスのハイライトのひとつが、「MBUX」。MBUXとは、メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンスの略。MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用。ユーザーが「ヘイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、音声認識アシスタントが起動。ユーザーの求めるさまざまなサービスを提供する。

このMBUXに、エヌビディアのAIと3Dグラフィックスを導入。自然な言語処理、絹のような滑らかな3Dグラフィックス、拡張現実感の強化されたナビゲーションシステムなどに、エヌビディアの技術が反映されているという。

また、MBUXのシステムは、無線によるOTA(オーバー・ザ・エア)更新に対応。最新のアプリケーションが導入され、MBUXは新しい機能を追加することもできる。AIによる自然な言語処理は、従来以上に車両との連携を、より自然で安全なものにするのに役立つ、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • メルセデスベンツとエヌビディアの次世代自動運転技術の共同開発イメージ
  • BMWグループとエヌビディアが協力して開発した物流ロボット
  • カルマオートモーティブのレヴェーロ GT(参考画像)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ