ルマンで3度優勝、ジャガー伝説のレーサー「Dタイプ」…およそ60年ぶりに生産再開 | レスポンス(Response.jp)

ルマンで3度優勝、ジャガー伝説のレーサー「Dタイプ」…およそ60年ぶりに生産再開

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ジャガーDタイプ
ジャガーDタイプ 全 6 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバーは、レーシングカーのジャガー『Dタイプ』の生産を、62年ぶりに再開すると発表した。

ジャガー Dタイプは1955年から1957年にかけて、ルマン24時間耐久レースで3度の優勝を果たした伝説のレーシングカー。1956年に最後の1台が生産を終了。ジャガーは当時、Dタイプを100台製造する計画だったが、完成したのは75台だった。

それから62年を経た今回、ジャガークラシックが、Dタイプの生産を再開することを決定。残る25台のDタイプを生産する。

25台のDタイプは、英国ウォリックシャーのジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスで、手作業で組み立てられる予定。ジャガークラシックの職人が、ジャガーに保管されているオリジナルの設計図や記録を活用し、綿密な調査を行う。なお顧客は、1955年型のショートノーズか1956年型のロングノーズ、いずれかのボディタイプを選択できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ