JR貨物、臨時列車を運転 引越しシーズンのトラックドライバー不足に対応

鉄道 企業動向
コンテナ列車の例
コンテナ列車の例 全 1 枚 拡大写真
日本貨物鉄道(JR貨物)は、トラックドライバー不足に対応するため、3月上旬から4月上旬にかけて臨時列車を運転して輸送力を増強すると発表した。

鉄道コンテナ輸送は、今年1月に入って長期間発生していた大雪など、自然災害の影響を受けているものの、トラックドライバー不足への対応や、CO2削減といった環境対応を目的に、鉄道へのモーダルシフトの動きは積合せ貨物を中心に引き続き顕著に推移している。

特に3月は、年度末で輸送需要が旺盛で、中旬以降はそれに加えて引越貨物の増加も見込まれ、昨年12月以上にトラックドライバーが不足する可能性がある。

同社では、これに対応するため3月上旬から4月初旬にかけて、大阪発・鳥栖(佐賀県)着、北九州発・大阪着、隅田川(東京都)発・札幌着、札幌発・隅田川着の4区間で延べ30本の臨時貨物列車を運転する。また、引越し貨物需要に対応するため、21区間で延べ68本の貨物列車の曜日運休を解除、12フィートコンテナ換算で9870個(4万9350トン)分輸送力を増強する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ