ヒュンダイとIED、デザインスタディをジュネーブモーターショー2018で公開へ

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイとIEDのデザインスタディモデルのティザーイメージ
ヒュンダイとIEDのデザインスタディモデルのティザーイメージ 全 1 枚 拡大写真
IED(ヨーロッパデザイン学院)とヒュンダイは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、新たなコンセプトカーを初公開すると発表した。

IEDは、1966年に設立された欧州で有数のデザイン専門学校。イタリア、スペイン、ブラジルなど、世界7か国で開校している。在学中、企業でデザインを実践できる機会が多く与えられることで知られ、卒業生は各方面で活躍中。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定の新たなコンセプトカーは、イタリア・トリノ校のマスターコースに在籍する学生が手がけるデザインスタディ。現在、ヒュンダイの欧州デザインセンターと共同で開発を進めている。

なお、このコンセプトカーに関しては、ティザーイメージを1点公開。フロント部分が、オープンホイールとなっているのが見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒュンダイの自動運転のEVコンセプトカー、エレベイト
  • ヒュンダイのロボット式脚付き車輪付き自動運転EV、エレベイトのイメージ
  • ヒュンダイ FEフューエルセルコンセプト(ジュネーブモーターショー2017)
  • ヒュンダイ FEフューエルセルコンセプト(ジュネーブモーターショー2017)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/16/306152.html/article/2018/02/16/306151.html/article/2018/02/16/306153.html