オープンデッキバスで瀬戸大橋を渡る!…予約受け付け中 4月7-8日開催

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
オープンデッキバス
オープンデッキバス 全 2 枚 拡大写真
瀬戸大橋開通30周年記念事業岡山県実行委員会は、4月の瀬戸大橋開通30周年を記念して、オープンデッキバスで瀬戸大橋を渡るイベントを4月7日と8日に開催する。

このイベントは、2階部分がオープンデッキとなった開放感のある大型バスで瀬戸大橋を渡り、潮風を感じながら瀬戸内海の景色を満喫するというもの。児島ボートレース場(岡山県倉敷市)を発着点として、児島ICから瀬戸大橋がある瀬戸中央自動車道を通り、与島PAを折り返すルートを走行し、乗車時間は50分ほど。なお、途中下車は出来ない。

イベント参加にはハガキかインターネットでの事前申し込みが必要で、3月9日まで受け付けている。募集定員は4200名を予定しており、料金は無料だ。

《平川 亮》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  2. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  3. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  4. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  5. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  6. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  7. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  8. SHOEI、定番のフルフェイスヘルメットにグラフィック追加へ
  9. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  10. 2022北米トラックオブザイヤー、トヨタと日産の新型が通過…第2次選考6車種
ランキングをもっと見る