BMW 3シリーズのクリーンディーゼル、排ガス性能が法規を完全遵守…独当局が認定

自動車 社会 行政
BMW 320d エフィシエント・ダイナミクス
BMW 320d エフィシエント・ダイナミクス 全 1 枚 拡大写真
BMWグループは、『3シリーズ』のクリーンディーゼルエンジン搭載車が、ドイツ連邦自動車交通局(KBA)排ガステストを受け、検査された車両がすべての法的要件を完全に遵守していることが確認された、と発表した。

このテストは、ドイツの環境ロビー団体、「Deutsche Umwelthilfe」が、3シリーズのクリーンディーゼルエンジン搭載車、「320dエフィシエント・ダイナミクス」グレードの排出ガス性能を批判したことを受けて、行われたもの。

その結果、テストされたすべての車両のNOx(窒素酸化物)の数値は、技術的に説明できる許容範囲内であり、ドイツを代表する認証機関のテュフの意見でも、非常に優れた排出ガス性能を示しているという。

BMWグループは、「KBAテストの結果は、調査した車両の排ガス性能が操作されていないことを、明確に示すもの」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMW M3 セダン 新型と M4 クーペ 新型
  • メルセデスベンツ GLE
  • BMWアルピナ B3リムジーネ
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV