ボッシュ・GSユアサ・三菱商事、リチウムイオン電池合弁事業を解消

自動車 ビジネス 企業動向
ロバート・ボッシュ、GSユアサ、三菱商事の3社による合弁会社リチウムエナジーアンドパワー(LEAP)は電池技術での研究開発を終了、3社は提携を解消すると発表した。

LEAPは次世代のリチウムイオン電池技術の共同研究開発を目的に2013年11月に設立した。親会社3社はパートナーとしてそれぞれの経験を活用し、リチウムイオン電池技術に関する知見を向上させてきた。今回、研究開発が一定の成果を得て、開発活動を完了することにしたとしている。

親会社3社は、LEAPとして次世代のリチウムイオン電池の製造は行わないことを決定、2月27日、合弁事業の解消に合意した。LEAPの従業員は各親会社に戻る。

今後3社は、合弁事業の取り組みの中で築いた良好な関係のもと協業を継続するとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/01/306645.html/article/2018/03/01/306644.html/article/2018/03/01/306646.html