シュコダが新開発48VマイルドHV、SUVコンセプトに搭載…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

エコカー ハイブリッド
シュコダ・ビジョンX
シュコダ・ビジョンX 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは2月28日、スイスで3月6日に開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開する『ビジョンX』に、新開発の48Vマイルドハイブリッドを搭載すると発表した。

ビジョンXは、シュコダが次世代クロスオーバー車を提案するコンセプトカー。シュコダのSUVラインナップに、将来加わる第3のモデルを示唆している。

このビジョンXに搭載されるのが、新開発の48Vマイルドハイブリッドシステム。エンジンは直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。このエンジンは、ガソリンとCNG(圧縮天然ガス)の両燃料に対応しており、最大出力130hp、最大トルク25.5kgmを発生する。

モーターは2個搭載。ひとつのモーターは、フロントのエンジンとBSG(ベルトドライブ・スターター・ジェネレーター)を介して結ばれ、もうひとつのモーターはリアアクスルに搭載し、4輪を駆動する。このモーターは48Vのリチウムイオンバッテリーで駆動し、ブレーキエネルギー回生システムも備える。

動力性能は0~100km/h加速が9.3秒、最高速が200km/h。EVモードでは、最大2kmのゼロエミッション走行が可能。欧州で重視されるCO2排出量は89g/kmに抑えられた。燃料満タン時の航続は、最大650kmを確保している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シュコダ オクタビア RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シュコダ スペルブ 改良新型 スクープ写真
  • マツダCX-5旧型に似たカモフラージュが施された謎のテスト車両。実はシュコダの新型SUVだという。
  • VWポロ
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/03/01/306656.html/article/2018/03/01/306655.html/article/2018/03/01/306657.html